2014年08月22日

群馬遠征

夏休み真っ盛りの先日、子どもたちがおばぁちゃん家にお泊りに出かけたのをいいことに、木金の連休で群馬方面の林道へ初めての遠征に出かけてきました。
 
開通したての圏央道〜関越〜北関東道で一気に伊勢崎ICまで進みます。平日は 割引のなくなったETC料金は3400円程、バイク1人乗りだと、たっ高い。今回は、関東屈指のロングダートを乗継つつ、ダムカードもゲットしようという贅沢な欲張りルート。 予定通りみどり市方面でいくつかダムカードをゲットしつつ、舗装が進んだとはいえ 35kmのロングダートを誇る栗原川林道へ。
 
今回から、パナソニックの ウェアラブルカメラを導入。ヘルメットに貼り付けて林道走行動画にも挑戦。 欲張りすぎのてんこ盛りメニューをこなします。35kmもあるダートで、写真を撮りながら、動画を撮りながら進むと時間がかかります。他のブログでもありましたが、確かにお腹がいっぱいになってきます。 とは言え、大量の荷物になり、撤収がメンドいるキャンプを放棄したので、今日の宿は万沢林道を下った先の草津です。ダムカードとの兼ね合いもあり、お腹いっぱいもありゲートをすり抜ける林道は事前情報で絶景ありでしたが、パスして進むことにしました。
 
草津から翌日は、いろんなブログで見てきた毛無峠や湯沢林道、そしてあわよくば菅平周辺の林道、と欲張り計画は膨らんでいたのですが、予報通り天候は下り坂。頑張って秋鹿大杉林道の入り口まで来ましたが雷雨の接近により、ここは自重、下山して国道で草津入りとなりました。 その夜、雷雨の雲は去りましたが、翌朝も小雨。
 
この天気では毛無峠も霧の中 だろうと、潔くあきらめ、早朝の野反湖から万沢林道、秋鹿大影林道と逆に進む ことにしました。 初めての万沢林道、野反湖側から入ると、すぐに例のロングストレート。動画を セットしてビビリなりに爆走。これはなかなか楽しい。さらにガレガレ区間のある秋鹿大影林道を進んで昨日勇退した地点へ。休憩しながらこれからどうしようかと考えたが、この地点、自宅の位置を考えるとかなり中途半端。どこへも行けない・・・
 
結論的にこの界隈のダムカードを集めつつ、万沢林道を戻り帰路に就くことにしました。(秋鹿大影林道はガレガレ区間が疲れそうなのでパス) その後は軽井沢、R254、R407、R16、R129を経由して、帰宅。帰路区間は、日も落ちて ただただ走るだけとなりました。やっぱり軽二輪で群馬は遠かった・・・ 帰宅後、動画を見ましたが、動画はいいですね。写真と違って音もでるのでとても 臨場感があります。しかも他人の映像でなく、自分のバイク。アップロードしようかと 思っていたのですが、よく見たら右ミラーに何度も自分の顔が写ってました。なので、今回はアップなしで。

 

posted by Conti at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・ツーリング