2016年03月13日

前言撤回

iPhone というか iOS についてダメ出ししましたけど、数日前から iPhone6s
をメイン(音声)で使っています。

相変わらずSMSの自動転送はできませんし、TalkBand B2とiOSの連携も通知
という点ではイマイチのままです。

ただ今までやっていなかった Pebble Watch (timeline 導入) と iOS9 との
連携を試したところ満足できるものになっていたのに気づいたからです。

Pebble Time においては、アップデートが継続しており、2016年3月現在、
Android 機を母艦にした場合との差異はほとんどなくなっています。

これが素晴らしい。Pebble が神なんです。

こうしてメインの音声SIMを iPhone に挿してみると、期待していた運用が
ほぼできているのに気づきました。

メイン音声SIMとiPhone と Pebble。サブのデータSIMとAndroid機。
TalkBand B2 は、iPhone Android 両方とペアリングできるので
細かいアプリ通知も Andorid から届きます。iPhone の音声着信も
取れます。Pebble へは、iPhone から細かい通知が届きます。
スマホを持ち忘れてBTが切れない限り通知を逃すことはほぼなくなりました。

というわけで現在は、変態両腕運用 となっております。(笑)

以前に書いたように今回入手した6Sは、9.0.2 だったので3GS以来久々に脱獄
してみました。かなりのカスタマイズが純正OSに取り込まれていますが、
特に VirtualHome8n9 なんかいいですね。もうなくてはいられないです。

と言っている間に以前カミさんが使っていた5Sが9.1だったので、売却を
考えていましたが、なんと9.1に脱獄が来たのでこちらも脱獄。メイン機
としてのサイズ感はこちらがgood。当面脱獄5Sをメイン機とします。
iForward が、iOS9対応してくれれば完璧なんですけど。



posted by Conti at 13:04 | Comment(0) | Mobile, PC

2016年03月05日

マイネオ Aプランについて

マイネオがDプラン開始の際のキャンペーンで複数回線を持ちましたが
その際に、ドコモのみ依存よりもKDDIにも分散しておいた方が
より安心だろうと思い契約したAプランがまもなく半年のキャンペーン
終了月になります。

この半年の経験を元に考えると、ドコモのバックアップとしての働きは
あまり芳しいものではありませんでした。

第一に非Volte端末での運用では、都市部ではもちろん問題ないものの
里山地区では、しばしば圏外ではないものの、LTE表示が消えた状態に
なっています。おそらく本来ならば3Gに落ちて低速で通信をしている
(しようとしている)のだと思われます。

実際にはMVNOでは3Gの通信が許可されていないので、圏内であって
アンテナピクトは立っているのにモバイルネットワークが切断された状態に
なってしまうのです。

当のauがVolte移行のためネットワークをほぼ構築しているので
安心していましたが、マイネオで使うにしても、Volte端末を
SIMロック解除したものでないと、現実には3Gに落ちようとして
しまうのでしょう。

あるいは、root権を獲得できるように手を加えた端末ならばLTE固定に
設定することで回避できるのかも知れません。

いずれにしてもこの現状では、ドコモだけが大規模にダウンでもしない限り
バックアップとしての出番もなさそうです。

カバーエリアで言っても、ドコモが圏外でauは圏内ということがまずなく
私の行動範囲では山深く林道をさかのぼっても、(そんなときはむしろ)
ドコモの天下のようです。

以上のことから、常時2キャリア(瞬間的には3キャリア保持)保持は
精神的は安心できたことは確かなことですが、キャンペーン終了をもって、
mineo A プランは解約することにします。



posted by Conti at 17:25 | Comment(0) | Mobile, PC

2016年02月23日

やっぱりiPhoneは、ダメだった・・・

先日 iPhone 3GS 以来、久々にiPhone をゲットしたわけなのですが、
画面は綺麗だし、動作も安定。以前は脱獄しないとできなったことも
純正で追加され、便利で快適になっていました。

でもやはりできることが限られていますね。Pebble Time なんかと
連携させてみても、iOSのほうが制限があるんですよね。

セキュリティっていえばそうなんでしょうけど。

今回自分の6sは、9.0.2 だったので、脱獄もしてみましたが、
いちばんやりたかったSMSの自動転送が脱獄アプリでどうやっても
動作しなかったのがイタかった。iOS9 は、対象外なのかも知れない。

いずれにしてもやっぱりAndroidの方が、端末も安くて使い倒せる感が
あって、やっぱりアンドロイドに戻りました。泥機では、root 取らなくても
Tasker なんか使えば相当いろいろできますから、ましてroot権取って
あればそれは言わずもがな。。。

娘にはまだ早いし、6sはSIMフリー化のために保存しておいて、5sは
もう売却かな。大きさ的には5sがとってもいいのだけれども。



posted by Conti at 15:30 | Comment(0) | Mobile, PC

2016年02月19日

今さらガラケーでダイヤルアップ  その2


USBケーブルでガラケーF-01Aと直接接続してのダイヤルアップは
0simのSo-net と、mineo D プランにて成功しました。

しかしカーナビでBT接続に挑戦するも撃沈。

戻ってPCにBTドングルを付けてみましたが、ダイヤルはするものの
認証ではじかれて切断されてしまいました。

同じダイヤルアップの設定で、モデムを有線のガラケーからBTリンク
経由の標準モデムに変えただけです。ですからapnとかIDとかパスの
ミスではないわけです。

すでに2011年に同じ苦労をされた記事も見つかりました。

そんな苦戦の過程で、有線の携帯モデムとBTのモデムとCOM番号が
違うのでapnはそれぞれに設定しないといけないことがわかりました。

そんな内容と同機種で@niftyに接続成功の大手記事
なにかの仕様が微妙にちがうんでしょうねぇ。サポート外の仕様が・・・

ちなみにデータSIMの問題ではありませんでした。SMS付きのmineo
DプランSIMでも結果は同じでした。

そんなわけで最後の手段。データブランタブのSIMにモペラUを追加。
データ契約ならモペラUシンプルプランというのが月額200円。

マイドコモで追加すると程なくSMS受信。APNを"mopera.net"にして
挑戦・・・あっけないほどあっさり接続完了。

moperaは発番認証だからでしょうかねぇ。さすがに本家では
サポート内でしょうし、実証もされているのでしょう。

サポート外の実証は知識がないからほんとに疲れる・・・
ともかくこれでカーナビのオンライン情報受信という購入時からの
懸案が今度こそ解決されたのではありますが、このためにSIMが1枚
ガラケーに入りっぱなしかと思うと・・・

やっぱり0simで達成したかったところではあります。



posted by Conti at 18:33 | Comment(0) | Mobile, PC

2016年02月17日

So-net 0sim でダイヤルアップ


久々のモバイル奮闘記。

我が家の車のナビはクラリオンNX712相当品である。購入時BT-DUNでの接続に数日間
トライしたがその当時の機材と契約状況では断念せざるを得なかった。

2年後の今、ふと思い立って奮闘2日目。発想の転換で意外なほど簡単にそれは達成
された。以下その備忘録。

その当時も今も、利用するのは、BT-DUNで要は無線ダイヤルアップ接続である。
この無線部分(Bluetooth)を除いて有線接続をすれば、それは昔からよくある
電話機をモデムとするダイヤルアップ接続に他ならない。

機材はこれも当時も今も青歯プロファイル充実の富士通端末。当時は富士通のスマホで
悪戦苦闘した。DUN対応と謳われていた機種だが、契約SIMのせいかどうしてもダメ
であった。(今思えば、この時も後述の朝日ネットの仕様に阻まれたのかも知れない)

今回は家族のお古のガラケーがある。F-01Aである。これだけでことダイヤルアップに
関しては、明るい希望の光が差してくる。このことに気付いてから、接続はもはや目の前
と思っていたが少々甘かった。

SIMはドコモのXi(LTE)データプラ契約のものでまずは挑戦を開始した。ドコモはありがたい
ことにLTE契約のSIMを3G端末に差して使える。一見あたりまえのようだが、ドコモでも
逆はできない。日本国内ではおそらくドコモ以外の他社ではさらに契約別にSIMが異なり
しかも L2 SIM Lock やら、IMEI ロックなど、ありとあらゆる手段でユーザーの利便を
損ない、都度手数料を取ってSIMを交換させるという体たらくである。

ともかくこれで回線は確保できたので、次はプロバイダである。かつて低速な時代には
mopera.ne.jp という無料プロバイダがあった。これも日本だけかもしれないが回線契約
とは別に接続契約(プロバイダ)が必要である。

ドコモ純正spmode ではダイヤルアップはできない。さらに別料金が必要なる。毎日は
利用しないカーナビのプローブ情報のために月額料金を払うのもバカらしいので既存の
契約プロバイダを利用してみる。朝日ネットである。オプションではあるが、固定回線と
セットならお得なので早速設定に入った。

ガラケーF-01AにAPNを書き込みまずはPCから有線で実験。ところが何度やっても
ログインの最終段階でリモートホストに切断されてしまう。サポートに問うても
初日の担当者は、何度も折り返しになり結局解決できなかった。

2日目の担当は、その履歴と再度の確認をもって、仕様により接続ができないと
答えを導き出した。

後日加筆 -----------------------------

おそらくFOMA(3G)とXi(LTE)のAPNが別々になっているのが原因ではないかという気が
しています。先日まで半年ほどお試しで利用していたNifmoでも、APNがそれぞれ別に
あり、この時は手持ちのSIMフリーの端末がLTE対応なのにもかかわらず、どうしても
3GのAPNにしかつながらない(=LTEで通信できない)ということがありました。

今回はLTE契約のSIMを3G端末に差してそこからLTEのAPNに接続する過程での
認証の問題の気がします。(ちなみに3GのAPNでもだめでした。)

APNが一つのプロバイダ(So-net しかり IIJ しかり)では発生しない問題なのかも
知れませんね。

さらに加筆。mineo D プランでもダイヤルアップ成功。これもAPNは一つ。
---------------------------------------

また以前に別件で別のプロバイダ(MVNOだが)に問うたときもダイヤルアップは
そもそもやっていないと言われたこともありました。

仕方なくドコモ純正オプションmopera.netしかないか、と思った時にMVNOでもIIJは
ダイヤルアップできるらしいことを知った。その流れで調べてみたら、BINGO!

なんと話題のソネット0simでもラズパイでダイヤルアップしている方を発見。
確かソネットは、OCNがMVNE。マニアに懐が深いのかもしれない。同様にIIJでできるのは
納得だったが、老舗朝日ネットでできないものがSo-netでできるとは、灯台下暗しであった。
しかも0sim。カーナビ用途にぴったりではないか!!!



posted by Conti at 11:56 | Comment(0) | Mobile, PC