2014年05月10日

LGL22 のL-01F化

前記事の動作を確認するべく、早速フィールドテストに出てきた。 一昨日、ril 流し込みのみで失敗したプラスエリアのはずれへ。最初は 圏外表示。あれ〜お手上げっすか??? と、通信メニューをあれこれいじってみた。WCDMA only にしたり、LTE/WCDMA にしたり ふと気づくとアンテナピクトが立ってます〜。無事"H"の表示。 通信もできました。データプランなので通話は試せませんが、SMSも直ちに受信。 LTE圏内〜WCDMAへのスムーズな切り替えに若干不安が残りますが・・・ まぁ成功ということで。。。 そしてまた車を走らせ、逆方向の山中へ。エリアマップによるとわずか1km程度の 区間が、Xi 800MHZカバー。 淡い期待と共に進む。。。ダメでした。LTE onlyの設定でしたが、往路は微妙に B1の圏内が続き、ピクト1〜0の状態。またB1の圏内になったので引き返す。 復路は圏外になってしばらくそのまま。B19のLTEの受信はなりませんでした。 やはりLTEは他にも設定するところがあるみたいです。 ということで、3日間に渡るLGL22のDOCOMO化作業は、一旦終了。あとは次の 林道ツーリングの際、山中でLTE〜HSDPAへの切り替えの状況をチェックします。 以上、参考までに。繰り返しますが、すべて自己責任です。起動しなくなったり 運良くてもWifi専用機になってしまう危険を承知で行ってください。 私はたまたまできただけです。
posted by Conti at 10:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile, PC

2014年05月07日

LGL22 がメイン機(仮) から昇格?

年度末3月の怒涛のCB祭りの中、LGL22を入手した。直前までDixim搭載の 富士通機にしようと思っていたが、SIMフリーになるマルチ海外バンド対応機 と知り、急遽こちらに決めた。 早速SIMロックを解除して、IIJmioにて運用していたが、2G帯のみではやはり 地方山間部がキツイ。林道へ出かけるとその麓の集落からして圏外多数。 一方通話専用のFOMA機もGPSログを取るau機も十分に圏内!800Mhz帯は素晴らしい。 さらに建物1Fのレストランでも、奥の席だと2Ghzは圏外。プラスエリア非対応だと かつてのソフトバンク iPhone 3GSのような悲惨さである。 話は変わって、4月・・・自鯖にrep2を入れて某掲示板を閲覧していたのだが、 内紛の巻き添えを食らったのか弾かれるようになってしまった。暫定的に 串を刺してしのいでいるのだが、その間の空白1週間ほどのあいだに事態は 大きく進んでいた。 プラスエリアを掴むようになっていたのである。無論これはコード入力の SIMロック解除とは違い、メーカー保証を捨てて、システムファイルの一部書き換えが 必要な改造なのではあるが。 最後に見た時、誰かがドコモG2のファイルを上げてくれていた。それをコツコツ解析 しなければならないと思った。しかもシステムファイルの書き換えは超リスキー。 即起動すらしなくなる・・・まさかそのいくつかのファイルを流し込むだけで 済むなんて・・・ 林道ツーリングが大好きな私は、これを実行せざるを得ない。IS01,IS11S,IS11PT SC-01C, L-06C, SC-05D, F-02E に続くroot取得になった。もっとも最近はroot取って どうするの?的なことが多く面倒なだけでしたが今回は違う!もともと 3GSの脱獄 から始まっている趣味半分なので、あまり抵抗はない。 まとめまでできていないので少々時間がかかったが、久々にワクワクした。 こうしてロイフ化することができた。これぞグロスマの醍醐味!しかもこちらは 防水のガラスマ仕様付き。 次の休日は、ドコモのエリアマップで見つけた最寄りのFOMAプラスエリアと Xi 800Mhzエリアに出かけてその動作を検証することにしよう。 これで長年使ってきたモバイルルーターが完全にバックアップ用途になる。 Wifiは電池を食い過ぎる。手持ちのL-09C は、それでも以前の光ポータブルより 起動も早く、バッテリーも大きいのだけれど。 時代は、青歯テザらしい。青歯なら低出力、低消費電力なのでいちいち オンオフもしなくて済みそう。これでタブレットからも通信ができる。 手持ちの機材で残る不満は、iPhone 5S が、IIJmioでテザできないって ことだけになった。 こうしてLGL22は、正式にメイン機となった。そして布団以来の神機と言える。 *この記事を読んでトライしようと思った方は、自己責任でお願いします。 最悪、起動しなくなっても責任は持てません。私もたまたま成功しただけ のお話です。 追記:上記手順のみでは、プラスエリア対応しなかった。diagモードで PCと接続し、NV-RAMという通信を司る不揮発性メモリの内容を書き換える必要がある。 現状、かなり敷居が高く、緊張感が高まる作業。(続き↓)続きを読む
posted by Conti at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile, PC

2014年04月08日

お山のおうちに高速通信がやって来る

あっという間に春がやってきました。お山の雪も北側以外雪がなくなって しまいました。そして毎年恒例の小川のせせらぎが復活しました。 お山のおうちに来始めたころ、ソフトバンクのガラケーを使っていました。 それとは別にUSB型のドコモの通信モジュールを定額データでモバイル用途に 運用していました。 この頃は、まだLTEなどなくもっぱら3GのHSDPAが速かったのです。お山のおうちは FOMA2Ghz帯とプラスエリアのダブルカバーでしたが、いかんせんこの地、光ファイバーが 引けないNTT交換機のエリア・・・予定にもずっと入っていませんでした。おそらくADSLも 距離がありすぎて1Mbpsもでなかったのではないでしょうか。 もし定住した場合の現実的な対策は、地元のケーブルインターネット。 これは山間の過疎地ゆえ工事費やら加入費やらの初期投資が10万円以上・・・ ドコモの3G HSDPAとて、バックボーンに光回線がありませんから1Mbps少々の スループットしか出ませんでした。 それでも携帯とネットが繋がるのはとてもありがたかったです。電波は 大手3社は圏内でした。 auとドコモは、800Mhzなので室内どこでも圏内でした。ソフトバンクは 冬は良好、ただし木々に葉が生い茂る夏は、窓際でないと圏外になりました。 (近くにアンテナあったのですが2Ghz帯で指向性が強かったのか) 時は流れ、先日はauのLTE端末を持っておりました。久しぶりにエリアマップを 見てびっくり、auは、800Mhz (B18)がLTEのメイン周波数。何を今更ですが、 お山のおうち一帯もLTEでカバーされておりました。現地でスマホを見てみると、 確かにLTEの表示。それでは、と速度計測。 なんと5Mbps超え。。。たったの、と言わないで。ここは光も来ていない僻地 なんですよ。どうやってこの速度を出しているのだろう??(後日改めて調べたら フレッツ光が来てました。いつの間にか。さすが天下のNTTです。) この時2014年3月末。ドコモ端末では、3G HSDPAでそれこそたったの1Mbps少々。 でも自宅に戻って4月に入りドコモのエリアマップを見たら進捗が!! なんと2014年6月末までに、Xi LTEのエリアになるようです。それも800Mhzの Band19ではなく、B1エリアです。 なぜプラチナバンドでないことを喜ぶかと言えば、当方の趣味の機材が使える からです。ドコモ発売の端末ならば当然B19対応ですけれども、海外のSIMフリー機で B19は鬼門です。今も多くの神々が日々グローバルバンドのBand5対応機を 日本ガラパゴス周波数Band19に対応させよう(周波数は合っている)と奮闘しています。 ただ、ふと思ったのですが、auのLTEエリアは現状群を抜いておりますが、こちらも 日本周波数のBand18。おそらく海外からの旅行者へのローミングにはほとんど 役に立たないのでは? プラチナバンドは確かにルーラルエリアで有効ですが、海外からのローミングという点 では、グローバルバンドの一つ2100Mhz帯Band1が有効です。2Ghz帯は 3Gがあるから と言うこともできますが、(auにはそれもないけど)日本のフラッグシップたるNTTを 冠するドコモには国内ライバルとの競争以外にも、グローバルバンドを整備するという 命題があるのかも知れません。 そういう意味では来年開始のBand28 700Mhzが、au,docomo,Emobileと東京五輪に 向けて高速で多少ローミングにも使えるプラチナバンドになるといいですね。 いろいろ書きましたが、数年前には光ファイバーも引けなかった分水嶺に近いのお山のおうち エリアにドコモのXiもやって来るということで、また次回の訪問が俄然楽しみになってきました。 次回はバイクで行きたいですね。あの界隈には林道天国がありますから。
posted by Conti at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile, PC

2014年01月26日

なぜか燃費が向上中?

昨年途中からツーリングがてらダムカード集めを始めてます。神奈川と静岡県の半分、 山梨の1件を集め終わりました。 そんな中、何故か最近燃費がいいことに気づきました。心当たりは、プラグ交換位なのですが ここ数回は、34km/L、直近では、37km/Lをマークするに至っております。1回だけだと給油の 具合なんですけど34km/Lは下回らないのです。 腰上OHして1万Km走行、アタりもついたのかも知れません。昨年より前はずっと30km/Lそこそこだった。 こんなに変わるもんですかねぇ・・・
posted by Conti at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・ツーリング

2013年12月26日

リアのキャリパーを交換

前回、残り3分山で交換したくなってきていたリアのブレーキパッド。 パッドを外すための六角ナットの内1本を結局ナメてしまいました。 中華の安物工具は、やっぱりダメですね。微妙にユルいのでこういう時は ナメちゃいます。 仕方がありませんので、再度ホイールはずしてキャリパーごと交換します。 ヤフオクでリアブレーキ一式を調達。ホイールはずしてブレーキホースの 末端部分から先を交換。 その後、ブレーキオイルを継ぎ足しながら念入りにエア抜き。結果として ブレーキフルードの交換もできました。 セローのブレーキオイルは、amazon のコレを購入。この日のノウハウで 数日後、フロントのフルードも交換しましたが、それでも充分に余って しまいました。余らせても次回までに劣化しますからコレがいいと思います。 純正指定のDOT4 で 560円 しかも送料込み。amazon 様様です。
posted by Conti at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・ツーリング