2013年10月02日

最近のツーリング先は?

2013年の春から夏の日帰りツーリングでは、もっぱら安倍川上流へ 通っておりました。 一番の理由は、ゲート等規制の全くないロングダートの宝庫であるからです。 そして新東名の新静岡ICから30分程度というアクセスの良さ。 これだけの規制なしダート天国は、長野・山梨・埼玉の県堺である三国峠界隈か、 房総しか知りませんでした。 そこへの奥大井エリア・・・主として静岡市管轄の民有林であることが大きいようです。 どうも県有林・国有林を管理者が大きくなるほどリスクを排除する力が働くのか、 規制が厳しくなり、その予算額に物言わせてゲートでの排除力も大きなるようです。 この界隈最奥に近い山岳ムード満点の黒川線を上がって、終点で合流する竹ノ沢線、 口坂本温泉近くへと完抜の下り方面はしばらく工事中通行止めでしたが、先日 業者の工事中通行止めの標識がなくなって、静岡市の通り抜けできません、の 表示に変わっていたので進んでみたところ工事で完抜こそできずピストンと なりましたが、こちらもロンクダートでございました。竹ノ沢線の上部出口から 県道を下り、権七峠線へ。ここも現在第2工区が掘削中でありますが、すでに 出来上がっている部分で、権七峠線からオオグナ線、または鍋状峠線を経由し 完抜です。そこから県道を少し移動して、間伐作業道京塚線=横沢大間線(全舗装) 経由で一本杉峠線上部へアクセス。 途中八重枯線や川久保線の分岐、そして開けた景観ポイント(ただし直近の高圧線が ビリビリ音を立てていて、なんか体に悪そう)を経て、諸子沢峯線へと続くロングダート。 最後に完抜18Kmに及ぶ樫ノ木峠線、途中の一本杉峠線(将来は上記同名の本線に完抜?) や川島線(ピストン)にも立ち寄れば、かなりお腹いっぱいになります。 何より一本杉峠線の上部の一部を除いて、鬱蒼とした森の中の林道でないところも 魅力です。野営できそうなポイントも随所に見受けられました。
posted by Conti at 13:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・ツーリング

2013年07月25日

リアタイヤを交換

さて2分山?1分山?相当に減ってきていたリアのGP-22ですが それでも梅雨の前は、走っておこうと主に奥大井や藁科川界隈の ダート天国を走り回っていました。 P1000147 (Medium) こう見ると山が減るとタイヤの形も違って見えます。タイヤの山は ないものの、激しくマディなダートもなく、なんとか走れてしまいました。 そうこうしているうちに梅雨も明けて子供たちが夏休みになったので ツーリングも小休止。 春から用意してあった2本目のGP-22への交換を行いました。 記録によれば、8800km 走行での交換ということになりました。 P1000149 (Medium) こんな新兵器(ビードブレイカー)を用意して臨みましたが久しぶりなので、 古いタイヤをリムからはずすのにちょっと手間取ってしまいました。 P1000150 (Medium) リムバンドは、そのまま使用。チューブは新しいものに交換。そして 新しいタイヤを装着。 前回はここで苦労してハマり、タイヤレバーでチューブを傷つけてしまい 男爵へ、ホイール持込となってしまったのでした。 その後の調査で、脳内ではコツを習得。いざ実践。 P1000151 (Medium) 片側は簡単にビードを入れられますが問題は反対側。普通にやっていくと 最後がビンビンに張ってしまって力でも入れられなくなります。 で、結末は先に書いたとおり。 今回は、ビードをリムに入れながら、すでにはいった所に両足で 乗っかり、いわばビードを落とし込みながらタイヤレバーを操作。 するとあーら簡単にホイールに組み付けできてしまいました。 P1000153 (Medium) 空気を入れても漏れません。あたりまえですが今回はチューブも無事です。 本当は車軸を外したついでにリアのブレーキパッドも交換したかったのですが 六角レンチで緩めるところが固着して動かず、ナメてしまいそうなので断念。 急遽柄の長いレンチを買ってきたのに!!! そして、ビードブレイカーなんていうものも、チューブタイヤ交換には 全く不要でした。足で踏めば十分。
posted by Conti at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・ツーリング

2013年06月17日

L-06C + nasne で、地デジ・BS視聴

アンドロイド4.1.1 Jelly Beanを入れてオーバークロック1.4GHz駆動と なっていたが起動画面は CM9 だった L-06C Optimus PAD。リフレッシュのため、 CWM からCM10 を導入してみました。これでバージョンは、4.1.2 になり 起動ロゴが一段とカッコよく変わってCM10 になりました。ただし、既知の不具合、 3Dカメラ使えず、LED ランプの誤点灯・点滅はそのまま。 さらにT-mobile V909 G-Slate の rom のため、このままではドコモSIMが 使えません。ドコモ純正の radio.img を 上書きします。この純正imgは ググると見つかります。あとは、PC から fastboot で送り込むだけです。 Wifi 専門の方は、スキップ可能。 そして最近話題の一部アプリのカスロム、root 取得状態での起動不可に対処。 (root 隠し) (root チェック回避) これでカスロム(非正規ROM)にもかかわらず、パズドラやTWONKY BEAM が起動、 再生可能になりました。これがまた素晴らしい。(root 隠しについては、何通りかあるようです。 Twonky に関しては、SuperSU だけではダメだったのでこの方法を採用) 特にSCEのnasne からは、録画データも放送波転送(ライブチューナー)も 視聴OK。ただし、レグザなどでUSB HDDに無圧縮で録画した放送波そのままの 録画データ(mpeg2)tsとかDSとか言われるモードのデータは再生できず。 これは、tegra2 のパワー不足? ハードウェアでの mpeg2 デコードの支援が ないことに拠るのであろうか。あるいは、アプリが ts の mpeg2 ストリーム再生に 対応していないか。nasne では、録画時に配信用圧縮データを同時に記録しているので これがスマホや ps3 での再生を実現している。 対して、dlna配信機能付きの HDD レコーダーからは、微妙に再生ができなかった。 音声は流れるが映像が出ない。8倍モード tsx8 という h.264/AVC なので、 パワー不足ではなく、ちょっとしたコーデックの相性不足なのだろうか。 (ちなみにこれらの mpeg4 コンテンツは、P-05D (CPU は、Texas Instruments OMAP4430) + Twonky Beam では再生できた。) 東芝REGZA +USB HDD で撮りためたコンテンツを、RECBOX に転送してある だけにとても残念。(何故か、スカパー無料期間の時にtsx8 で録ったコンテンツ だけは再生できる。チャンネルごとにコーデックが違うのだろうか?とても不思議。 そしてさらに残念さがつのる。 (これらについては、最高圧縮のtsx24 モードへのダビングにて再生できることを 確認。ただし24倍モード・・・アナログのようなぼやけた画質と、大きな ブロックノイズ、そして録画コンテンツをいちいち1件ずつモード変換ダビング しないといけないのが大きな難点。最初からnasneで録るという手もあるが いかんせんシングルチューナー機なのが残念・・・) PCでの再生ならDSでもAVCでも全く問題ない(RECBOX にアプリは添付されている) のであるがこの用途ではやっぱりタブレットが適任。どうやら、富士通、NECの アンドロイド機にプリインストールされているPCでも有名な、著作権保護コンテンツ 再生ソフトDixim for Android ならば、mpeg2たる放送波ts/DSも再生できるらしい。 それは最も古い、F-01D ARROWS TAB でも、可能なようだ。1.4GHzでtegra2を オーバークロックする L-06C と何が違うのか?? それはCPUの違いのようである。動画が苦手と言われた tegra2 の弱点が ここで効いてきたのである。対する F-01D であるが、こちらも当初ハニカムで 悪評さんざんな機種であったが、L-06C と違って公式ICSの登場で評価は 急上昇したようだ。そしてこのCPUは、OMAP 4430、tegra2 と同じデュアルコアで クロックは1GHzと低いのだが、mpeg2 のハードウェアデコードが出来るようだ。 上でもちょっと書いたが、この同じ OMAP 4430 を積むスマホ、P-05D を 持っているのだが、nasne はもとよりレコーダーの tsx8 (AVC) も Twonky Beam で再生できた。ただ、ts/DS は再生できなかった。これは、Twonky と Dixim のアプリの差であろうか? 実はこれを機に、TV観賞用として F-01D Arrows TAB をオクで調達した。 これが MNP 一括ゼロ円だった頃は、国産ガラパゴス機をして全く興味なかった のであるが、ガラパゴス著作権保護には、ガラパゴス機器だったのである。 いろいろ試して見たいことが山積している。 レコーダで録って、PC やスマホで見たい、という方に一番は、nasne の 購入である。nasne + Twonky Beam で、録画視聴からライブ視聴まで 少なくても、OMAP4430 搭載機なら問題なく出来るでしょう。tegra2 な L-06C でも CM10 導入で対 nasne なら、問題なく動作している。
posted by Conti at 18:13 | Comment(3) | TrackBack(0) | Mobile, PC

2013年05月30日

悲報!猛禽類に襲撃さる

IMG_3362 (Large) 先だっての休日、このままボケっとして過ごしていてはイカンと思い ランチを持参して近所の草原にやってきた。いい天気で気持ちイイ。 IMG_3361 (Large) バイクを止め、お弁当を広げてランチを開始。空を見上げると鳥が 3羽ほど悠々と滑空している。 IMG_33561.jpg と、突然後方から左肩〜左上腕に激しい衝撃。突然のことに手にしていた お弁当が前方に吹っ飛び飛散。。。 先程から上空を旋回していた鳥じゃないですか!!猛禽類? 人間を襲うのか? ガンをつけて罵声を浴びせていると向こうも威嚇してくる。戦闘態勢。 IMG_33601.jpg 再び背後から低空で向かってきた1羽に、怒って石を投げた。 まぁ届くわけないのだが、目がいいらしく一応反応している・・・ さらにバイクのエンジンも始動して空吹かしてみる。エンジン音で一旦 遠くに移動したヤツら、エンジンを止めていると今度はなんと 仲間を呼んだのか、5羽に増えて再来襲。上空を旋回して明らかに 威嚇している。 IMG_33571.jpg IMG_33581.jpg こんなに銃が欲しいと思ったことはないが、仕方ない。帰投することにした。 帰って画像を拡大してみたが、タカ目タカ科のトビ(トンビ)でしょうか?
posted by Conti at 18:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | バイク・ツーリング

2013年05月05日

地デジアンテナ取付

管理会社が変わって宙に浮いたまま運用されてきたお山のおうちの 地上波共同受信設備。かつて全く映らなくなった時に地元の電気屋さんに 依頼して電波状況は調べてもらっていた。 その時は、アンテナを立てるというより、中継設備のヒューズ切れ だったのであっさり解決。現地調査料のみの支払いであった。 そして、その共同受信システムの管理者があいまいなままであることが わかった。 それから数年。とうとう雪害で大元の受信設備が損壊したとの 連絡。共同負担で新設するか、各戸でアンテナを立てるか、 ケーブルTVを契約するか、の選択を迫られることとなった。 アンケートの結果、当然というか一番負担の軽い"各々で対処"、 が選ばれた。 そして春の連休。到着してみるとやはりTVは映らなかった。というより 翌朝のジョギング時に見てみると、高台にあった共同アンテナ自体が跡形も なかった。 お山で絶対に必須と言うわけではないが、やはりなんとなくTVも見たい。 ということで、セルフにてUHFアンテナの設置を実行に移すことにした。 何とかなりそうではあるが、1〜2局弱い局もあるとの現地調査時の 報告から20素子のアンテナやステー、ポール、3C〜5Cまでの接続部品等を 自宅から持ち込んだ。 そして今回は、2月にひき続いて友人家族を招いている。彼にも 手伝ってもらえば鬼に金棒である。 というわけだったのだが、現地を改めて見てみると当初の想定と違うことに 気づいた。アンテナの向き=局の方向である。近隣の真新しいアンテナを 見ると、どうやら山の上の0.1W 中継局ではなく、麓の市街からの電波を 受信しているようだ。 そのため、計画していたアンテナ取り付け位置から見直し。だが結果 今までの共同アンテナからの引き込み線をそのまま使える場所に設置 できることになった。 男手2人あればもう簡単。ハシゴを押さえてもらえばコワイものもない。 (実際は、自分の素人仕事がたたって配線が接触不良、開通には2度手間が かかってしまった・・・それとポール。ケチって短か目を持参したが設置場所が 変わったせいもあって少々短かった。やはり大は小を兼ねる。冬季の積雪を 考えると倍の高さが必要かもしれない。次回交換する予定。) ともかく従来の引き込みを利用したので最小限の手間、工程にてアンテナの 切り替えが完了した。ただし電気屋さんの報告通り、民放に映らない局が あった。これも次回ブースターの設置によって解決する。 ともかく、友人の1088氏に感謝を述べておきたい。 IMG_3245 (Medium)
posted by Conti at 15:11 | Comment(1) | TrackBack(0) | メンテナンス